世界遺産マイスターKの「地球に感謝!」

世界遺産検定マイスター保有の読書好き。世界遺産×書籍という切り口でご案内します。男一人の自炊飯にもチャレンジ中。

【読了】千葉雅也「勉強の哲学」

今年50冊目読了。立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授にして、思想界をリードする気鋭の哲学者である筆者が、勉強というものについて哲学的に捉えた読み解き方を書き記した一冊。

〈お薦め対象〉
勉強の意義について考えたり迷ったりしている人
〈お薦め度(5段階評価)〉
★★★★★
〈実用度(5段階評価)〉
★★★★★


自分の問いは3つ。
『言語の特性は?』には「言語習得とは、ある環境において、ものをどう考えるかの根っこのレベルで洗脳を受けること。言語は、私たちに環境のノリを強いるものであると同時に、ノリに対して距離を取るためのもの。可能性をとりあえずの形にする、言語はそのためにある」。
『勉強とは何であるのか?』には「生活にわざと疑いを向けて、問題を浮かび上がらせる。かつてノッていた自分をわざと壊す自己破壊。そもそも不確定なコードを、アイロニーとユーモアでますます不確定にする」。
『勉強するにあたっての心構えは?』には「自分の状況は、大きな構造的問題の中にあり、自分一人の問題ではないというメタ認識を持つ。アイロニーの批判性を活かすため、絶対的なものを求めず、複数の他者の存在を認める。どこまでが他人が考えたことで、どこからが自分の考えなのかをはっきりと区別して意識しなければならない。情報過多の現代においては、有限化が切実な課題」。

サブタイトルが「来たるべきバカのために」と書いてあったし、そこまでガッチリした雰囲気の本でもなかったので、ちょっと楽しみ…くらいで手に取ったが、これはとんでもない硬派な本だ。勉強というものに対する切り込みの鋭さ、比喩の絶妙な上手さ、それでいて哲学的な(難解なれども確固たる)思考。それでいて読みやすい。こんな本があったのか…ただただ、驚愕する。
「勉強するにあたって信頼すべき他者は、勉強を続けている他者」「深く勉強するとは、言語偏重の人になる事」「勉強の継続とは、ある結論を仮固定しても比較を続け、別の可能性につながる多くの情報を検討・蓄積し続ける」など、含蓄ある言葉もいくつもある。現代を生き、情報の洪水に呑まれている我々だからこその必読書と言えよう。絶対に一読をお薦めしたい。

【読了】榎本英剛「本当の仕事」

今年49冊目読了。CTIジャパンを設立してコーチングを日本に提供し、現在はよく生きる研究所を設立した筆者が、自分に嘘をつかない生き方・働き方を書き記した一冊。
 
〈お薦め対象〉
自分の仕事が天職である、と言い切れないすべての人
〈お薦め度(5段階評価)〉
★★★★★
〈実用度(5段階評価)〉
★★★★★
 
自分の問いは3つ。
『なぜ仕事を辛く感じるのか?』には「精神的豊かさに対する渇望感が満たされない。日本人が仕事を4つの色眼鏡で仕事を見ている。①仕事は生計を立てるための手段②仕事はやりたくないことをやること③仕事は既存の職業に自分をあわせること④仕事は同時に1つしか持てないこと」。
『仕事をどのように捉えるべきか?』には「仕事とは自らの存在意義を探求し、それを表現すること。世の中に問題がある限り、仕事がなくなることはない。自分の純粋意欲を表す言葉を仕事に付け加えることで、次第に職業にその人らしさが浮かび上がる」。
『人生とどう向き合えばよいか?』には「意味づけ1つで人生は劇的に変わりうる。夢に向かうときに芽生える恐怖心は客体化し、恐怖心に同化するのを避ける。今まで自分がしがみついていた考え方やものの見方を手放す。自分に存在意義があると信じる」。
 
平易な文章で読みやすいが、中身の深さは圧倒的。それでも重く感じられないのは、筆者の温厚な性格に包まれた迸るエネルギーゆえであろう。「天職創造のステップは①自分の純粋意欲に気づく②気づいた純粋意欲を人に話す③そこで起きる共鳴を見分ける④その共鳴を指針として行動を起こす」「心から何かをやりたいという気持ちは、神様が自分に与えてくれた贈り物」「存在意義は、他者、世の中と関わってこそ生きる」など、深く仕事と人生について考えさせられるコメント多数。
 
この方の本はいずれも読みやすく、かつ深いのだが、この本も非常にお薦めだ。「仕事が辛い」と思っている人なら、なおのこと、必読の書と言える。

【読了】グレアム・アリソン「米中戦争前夜」

今年48冊目読了。ハーバード大学ケネディ行政大学院初代学長にして、クリントン政権下の国防次官補を務めた筆者が、新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオを書き記した一冊。

〈お薦め対象〉
世界史、現代世界経済に興味のある人
〈お薦め度(5段階評価)〉
★★★★★
〈実用度(5段階評価)〉
★★★☆☆

自分の問いは3つ。
『歴史が教えてくれる教訓は?』には「優れた戦略家は、情勢変化を観察し、変化を育てることに時間を費やし、最適な組み合わせになったときだけ動く。重要な国益を守るチャンスを何度も逃すのは、政府に一貫したビジョンがなく、妥協の産物で政策が決まるから。いったん与えられた支配権を引き受けると、体面、恐怖、利益の点から手放すことができなくなる」。
『大国が衝突するメカニズムは?』には「不安にかられると、不安が正しいかは重要ではなくなる。ライバル国の国内で強硬派の声が大きくなり、平和を唱える者は厳しく批判される。新興国、既存の大国とも、自分は正義で合理的と考え、敵の行動を疑わしく危険と考える」。
『どうすれば衝突を回避できるか?』には「アメリカのオプションは①新旧逆転に適応する②中国を弱体化させる③長期的平和を交渉する④米中関係を定義しなおす。中核的な概念は①重大な利益を明確にする②相手の行動の意図を理解する③戦略を練る④国内課題を中心に据える」。

これは抜群に面白い。既存の大国(アメリカ)と新興国(中国)それぞれの心理状況を、過去の動揺の事例に照らし合わせながら明らかにしていく。これを読むと、確かに米中衝突はなかなか避けがたいことがよくわかる(原題も「Destined for War」である)。でも、過去に衝突を回避しながら既存の大国と新興国のバトンタッチがなされた事例もあることから、完全に希望を失う必要もない、というのが著者の主張であり、これには強く同意する。

会心理が、全体として不適な選択を導く、というのは悲しい事実であるが、構造を明確化したことにより、その暴走を回避する叡智を示した点で、非常に良書だと思う。歴史好きなら、絶対に読んでおきたい一冊だ。

【現場の片隅で、変化を叫ぶ。】

 新天地。さすがに10日以上仕事をしてみると、こまごま、目につく・気になる事が出てきて、変化させたくなる。しかし、今まで仕事をしているメンバーからすると「これまでのやり方が当たり前」である。理屈だけではいかないのが、人間であり、組織。

《ポイント》
●人は変化が嫌いなのではなく「変化させられる」ことが嫌い。
 変化を嫌う心理。それは、「ホメオスタシス」だけでは説明ができない。なぜなら、人は環境にあわせ、自分の意志で行動を変化させることはそれなり得意だから。
 人に言われて「変化させられる」ことは、自己肯定感を削り取られ、無力感を味わうことになる。だから、理屈がどうこうではなく、単純に「いやだ」という感情が先走るのである。

●自負と、脅かされる心理。
 既存のメンバーは「こうやって仕事をしてきた」という自負とプライドがある。そのため、「労力をかけていなかった(≒手が回っていなかった)部分」についての変化には、自負とプライドが傷つくことがないので適合できる。他方、「時間と労力をかけてきた仕事」を変化するように促すと、自負とプライドが傷つけられ、かつ自分のやってきた仕事が脅かされる心理に陥るので、抵抗を示す。

《問題の所在》
●承認欲求を傷つけると、組織は動きが停滞する。
 変化を促すときに、えてして、理屈で押し込もうとする人が多い。確かに「理にかなっている」ことは強みであり、ビジネスシーンではそれによって結論を導き出すことができる。
 他方、組織とは生命体であり、理屈だけで動けるものではない。組織は個々の集合体であり、個々はそれぞれに価値観と思いを持って組織に属し、仕事をしている。そして、誰もが「認められたい」という承認欲求を抱いている。

 であるからして、組織の変化を推進しようとするときには、変化を「受ける」側の承認欲求を傷つけることなく、メリットを「相手にマッチングしながら伝えて」、結果として「みんな楽になったね!」というハッピーな結論を体感してもらう。そのように設計しないと、理屈のピラミッドは、人間の行動心理によって骨抜きにされてしまう(今まで、そういう光景はいくつも見てきた)。
 仕事のやり方ひとつ変えるにも、人を変えねばならず、そのためには、自分が変わらねばならない。

自戒の念を込めて。

【読了】冨山和彦「AI経営で会社は甦る」

【読了】今年47冊目読了。経営共創基盤代表取締役CEOにしてIoT推進ラボ座長の筆者が、AI時代と今後のビジネスについてを書き記した一冊。
 
〈お薦め対象〉
AIによってどのような世界が生まれるかに興味がある人
〈お薦め度(5段階評価)〉
★★★☆☆
〈実用度(5段階評価)〉
★★★☆☆
 
自分の問いは3つ。
『現在のビジネス環境のポイントは?』には「デジタル革命×ローカル化×シリアスの世界へ。ライブコンテンツは一期一会の感動体験と共有が価値の源泉。同質性と連続性に偏る日本企業は、デジタル革命の破壊性・グローバルの多様性と相性が悪い。グローバル化が進んでも、生身の人間は地域に住み、日常の生活基盤はローカルな経済社会圏」。
『AI時代の特性は?』には「AIとは、現物を制御する、あるいは人間の脳が行っている作業の一部を機会が代替する技術。AI自体は差別化要因にならず、本当の競争領域はハードウェアのアナログなノウハウの部分。オープンで非連続なイノベーションのソフトウェアと、クローズドで連続・蓄積的なイノベーションのハードウェアの統合がカギ」。
『今後のビジネスで意識すべきことは?』には「目前のイベントに目を奪われず、起きていることの産業的・競争上の意味合いを冷徹に洞察する。朝鮮にあたっては、会社の枠を超えてワイガヤ空間を作るべき。一握りの世界選抜以外は、ローカルに居場所を見つけるべき。人間が学ぶべきなのは遊び方」。
 
 言っていることは理解できるし、「デジタル革命の特性は、オープン性、多様性、非連続性、柔軟性、迅速性、果断性」「日本の組織が変わるのは、習慣や既得権益を『もうだめだ』と諦めた時」「人間は自己保身本能があり、自前主義の呪縛は乗り越えにくい」など、納得できる部分も多い。
 でも、総体として読んでみると、「会社は甦る方向には行かず、地域コミュニティや興味コミュニティが優先され、むしろ会社という働き方が危機に瀕するのではないか?」と感じられ、著者の目指す結論には至らない気がする。
 
 正直、全体的な流れと結論には賛同できないが、それに至る分析などは参考になるので「こういう考え方もあるんだ」という感じで読むのであればお薦めできる。

【新天地、一週間。】

新天地で5日間勤務した。久々に、酒も飲んでないのに、倒れ込むように寝床に入った。いやはや、経験のない仕事はパワー使う…

《ポイント》
●知識がない故、仕事に圧倒される。
 人間の脳は、未知の環境にストレスを感じる。色々説明されて、既存の知識と繋ぎ合わせることができれば、安心できる。
 しかしながら、今、自分の置かれている状況は、今までの知識とかけ離れており、理解の手掛かりすら得られていない。よって、仕事に圧倒され、疲弊する。

●手順が自動化されておらず、無駄が多い。
 仕事は、先読みとリズムで効率化できる、と思っている。あらかじめ「こうなるだろう」と予測を立て、それに基づいて流れを作り、リズムよく推進する。これができれば、少ない労力で大きな成果が得られる(←料理なんて、その最たるもの、かもしれない)。
 しかし、当然、まだそんなレベルに達していないので、無駄に考えたり動いたり、が多すぎる。結果、同じ成果を得るのに、凄まじい労力を費やさねばならない。

《問題の所在》
●慣れないといけないが、慣れすぎても流される。
 結局、慣れるには「数をこなす」しかない。ただ、同じ「数をこなす」にしても、漫然と手順を追うのでは、フォームは固まるが、異常時に対応できない。慣れすぎないように、頭を使い、変えるべきは変える提言をする。それをやらんと、人間が仕事している意味がない。

 うーん、こうやって言語化すると、モヤモヤした「巨大な不安」の暴走を言語というラベルで封印できる。いかに、人間の脳が不安に弱いか、ということだなぁ…

…ま、思考整理もできず、読書すら停滞している現状を、何とかする。そこから、始めよう。

自戒の念を込めて。

【自炊、クロージング。】

転勤して一年。さんざん自炊してきたが、今日でクロージング。まぁ、頑張ったなぁ。

【朝食】
・カレーきしめん
・味噌汁


f:id:worldheritagemeister-k:20180630100725j:plain


所要20分。食いたいものより、食材の都合優先(笑)。かくて、最初も最後もカレーとなった。フードロスを出さなかったのは、良かったなぁ。

昼はかなり久々に一人外食。何だか、とっても違和感まんまん。せっかくだから、名古屋飯、か。ということで、味仙。でも麻婆飯台湾ラーメンじゃないんかい(笑)。

午後は、残務処理でバタバタ。そして、職場を離れる。意外にも、寂しさは感じない。心が無風というのか、何ともはや。

そして、これまた区切りの名古屋フューチャーセンターへ。ここも、本当に出入りしたなぁ。楽しませていただいた。送別会まで開いていただき、深謝。