世界遺産マイスター/国宝の伝道師Kの「地球に感謝!」

世界遺産検定マイスター、国宝の伝道師保有の読書好き。書籍、世界遺産、国宝という切り口でご案内します。最近は「仕事の心理学」として、様々な事象を心理学的見地から考察しています。

【読了】ミル「自由論」

今年75冊目読了。19世紀イギリスを代表する哲学者・経済学者の著者による、民主主義と自由主義のバランスを説いた名著。

19世紀に、ここまで見抜いた慧眼に恐れ入るとともに、なんと人類は進歩しないものか…と愕然とする。ミルが、既にしてここまで確固たる提言と警告をしていたにも関わらず、人類は第二次大戦のファシズムによる暴挙を止められず、また21世紀においても分裂と断絶による危機に瀕している。

ネットによる「世論形成」という凄まじい力が猛威を振るう今だからこそ、この古典を読む必要がある、と感じる。ミルの主張については、本文からの抜き書きで、その一端を感じ取って、ぜひ一読してほしい。

「社会全体、あるいはその有力な部分に広がった好き嫌いの感情こそ、社会が全体として守るべき規則、そして守らねば法律や世論によって罰せられるという規則を定めた事実上の主役なのである。」
「人間が個人としてであれ集団としてであれ、ほかの人間の行動の自由に干渉するのが正当化されるのは、自衛のためである場合に限られる」
「人が良いと思う生き方をほかの人に強制するよりも、それぞれの好きな生き方を互いに認め合うほうが、人類にとって、はるかに有益なのである。」
「誰でも自分は間違えることがあると知っているのに、そのことをつねに心にとめておかねばと考える人はほとんどいない。」
「自分の意見に反駁・反証する自由を完全に認めてあげることこそ、自分の意見が、自分の行動の指針として正しいといえるための絶対的な条件なのである。」
「人は疑わしいと思わなくなったことがらについては、考えるのをやめたがる。それが人間のどうしようもない性向であり、人間のあやまちの半分はそれが原因だ。」
「その人自身の性格でなく、世間の伝統や慣習を行為のルールにしていると、人間を幸せにする主要な要素が失われる。個人と社会の進歩にとっての重要な要素も失われる。」
「個性とは人間として成長することである。個性を育ててこそ、十分に発達した人間が生まれる」

【読了】スウィフト「ガリヴァ旅行記」

今年74冊目読了。アイルランド出身の、厭人という立場をとり続けた作家による不朽の名作。

これ、4章からなる大作なのだが、人口に膾炙している、かつ子供向けとして知られる「小人国への冒険」はあくまで1章。そして、その正反対の大人国(たいじんこく)への冒険、という2章から先は、あまり知られていない。

しかし、この本のあとがきが述べているとおり、本作の肝は3章・4章だ。筆者の人間という存在に対する冷徹・苛烈な批判が冒険記の中で炸裂し、「いかに人間というものが不合理で不道徳でしょうもない役立たずな存在であるか」ということを、まったくの異世界への旅ということに仮託して述べ続ける。かつて、夏目漱石はこの本を心から毛嫌いしたらしいが、それもむべなるかな。1章のコミカルさはどこへやら、3章と4章こそ、現代社会においても変わらぬ輝きを放っている。

人間は、理不尽で矛盾した生き物である。それを、このような形でまざまざと見せつけられることは、むしろ大人にこそ必要なのだ。この本は、完全に「世間をある程度知った大人」が読むべき本だ。ぜひ、一読をお勧めしたい。

余談だが、「天空の城ラピュタ」の基となった「ラピュタ国」、検索エンジン・Yahoo!の語源となった「ヤフー族」などが登場していて、それはそれでびっくりだ。また、3章においては、なんとガリヴァ氏、日本にも来訪しているではないか。1700年代における、イギリス人の日本人観も垣間見えて面白い。

【国宝】紫式部日記絵詞

藤田美術館所蔵、紙本着色。

源氏物語の作者、紫式部が、中宮彰子に仕えた際の見聞や回想を記した日記の各節を料紙に書写し、絵を添えた巻物。

動勢のある人物表現やダイナミックな構図により、各場面がいきいきと描き出されている。

金の霞がかったような料紙に、鮮やかな色彩、吹抜屋台の構図。どれをとっても、一級品だ。

【読了】O・ヘンリー「1ドルの価値/賢者の贈り物」

今年73冊目読了。アメリカの短編小説の達人が描き出す小説23篇をまとめた一冊。
 
好きな人は好きなのだろうが、正直、面白くなかった。なんとなく想定される結末に収斂していくものが多かったし、「ほほぉ、なるほど!」とエンディングに驚くようなものも少しはあったが、全体的にいまいちという感想。
 
人の一生懸命なもがき苦しみを嘲笑うような結末でのどんでん返し、というパターンで、サクサク読むことはできる。ただ、それだけと感じる。何か心に響くものがあったかというと…というところ。娯楽、暇つぶしとしてはいいのだろうが…
 
そんな程度の感想しか持てなかった。名作といわれるものであっても、人によって合う合わないは仕方ないなぁ、と感じた。

【立ち位置変化のストレス。】

1日から、立ち位置変化によって、かなり精神的に参った。想定はしていたが、いやはや…

《ポイント》
●リーダーの意向の「忖度」は、脳が疲れる。
立ち位置がリーダーに近くなる事により、従前にも増してリーダーの意向を「忖度」するレベルが高くなる。そうすると、自分の直感や判断にいちいち保留をかけねばならないので、非常に脳が疲れる。

●メンバーに「任せる」のは、心理的負担がかかる。
他方、メンバーに対しても、任せることが求められる。ところが、メンバーそれぞれに、立ち位置によるミッションは同じでも、重んじるポイントが違い、プレースタイルも違う。結果、自分が重視するポイントをメンバーが軽んじると「あぁ、イライラする…」と心理的負担がかかる。しかし、自分のプレースタイルを強要するのはチームパフォーマンスを下げるので、悩ましい。

《問題の所在》
●決定権の減少が、自己肯定感を挫く。
どちらも併せて「中間管理職の悲哀」なわけだが、これは「決定権の減少」が大きく影響している。
上にも下にも目配りするので、「自分で決められる」事が極端に少なくなる。そうすると、自然と自己効力感が減り、連動して自己肯定感も減る。

疲れる上に、自己肯定感が減れば、ストレス度合いは跳ね上がるのも当然。その中で「自分の行動は、どう組織に貢献しているか」にフォーカスしていく事が、この罠を逃れる術かと思う。

自戒の念を込めて。

【読了】スタンダール「赤と黒」

今年71・72冊目読了。フランスの生んだ名小説家の大作。

主人公の野心と恋。明晰な頭脳を持ちながらも、生まれの悪さの劣等感と富裕層への憎しみ、そして何としてものし上がろうという燃えるような野心。これらによって、その才能を活かしきることよりも、むしろエゴによって人々を巻き込み、苦しめながら自らも苦しんでいく、という非常に胸の詰まる流れが、延々と続く。そして、その中でのし上がっていく主人公と、その衝撃的な結末で、強烈なインパクトを残す。

小説のタイトルがまずもって疑問だ。どうして著者はこんなタイトルをつけたのだろうか。正直、読んでも全くイメージできなかった。そして、燃え上がる野心と恋。それが結果的に自らをも翻弄していくという「人間のエゴ」を抉り出すような描き方に感嘆するしかない。どっしりとした読み応え、そして知略に自ら酔いながら、うまくいかないと他責にしてしまうというエゴ。本当に、人間の汚い部分をうまく表現している。

フランス革命後の混乱という時代背景も、「世の中の前提が動きつつある」という漠然とした不安が各登場人物の考えに影を落としていて、さらに読み応えが深まっているように感じる。そう考えると、今の21世紀日本も、実は時代背景としてはそっくりなのかもしれない。

【読了】ジッド「狭き門」

今年70冊目読了。ノーベル文学賞を受賞したフランスの作家である筆者の代表作。

ジッド自らの体験をモチーフにした恋愛小説だが、相思相愛でありながらその衝撃的な展開と、ストイックなまでに頑なな態度によって、凄まじいインパクトと問いをもたらす。ジッドの苛烈な経験が生かされているので、読む人それぞれに(自分が抱いている苛烈な経験をシンクロさせていくので)共感ポイントが違うだろうな、と感じる。

正直、何を切り出してもネタバレになってしまい、読むときの面白さがなくなってしまうので、何も書けない(というか、自身で読んでほしい)一冊なのだが、ぜひ、一読をお勧めしたい。

ヒントとなるのは、タイトルにもなっている「マタイの福音書」の一節。「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない」。