世界遺産マイスター/国宝の伝道師Kの「地球に感謝!」

世界遺産検定マイスター、国宝の伝道師保有の読書好き。書籍、世界遺産、国宝という切り口でご案内します。最近は「仕事の心理学」として、様々な事象を心理学的見地から考察しています。

【読了】ターリ・シャーロット「事実はなぜ人の意見を変えられないのか」

今年35冊目読了。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン教授にして、アフェクティブ・ブレイン・ラボ所長の筆者が、説得力と影響力の科学について書き記した一冊。


〈お薦め対象〉
人を説得する必要のあるすべての人
〈お薦め度(5段階評価)〉
★★★★★
〈実用度(5段階評価)〉
★★★★★


自分の問いは3つ。
『人がつい取ってしまう行動特性は?』には「言い争いや議論になると、私が正しくあなたが間違っている攻撃材料を突きつけたくなる。無意識のうちに流行を追い、他人をまねるが、いったん決断したり意志を固めたりすると、違う考えを取り入れるのはむずかしい。情報不足は人を不安にするが、ギャップを満たすことで人は満足感を覚える」。
『どのように人と向き合うべきか?』には「相手にコントロールをゆだねる、もしくはコントロールしている気持ちにさせる。積極的に状況を再構築し、ストレス下でもチャンスに狙いを定める。相手の心の状態は、自分の助言への反応の仕方に影響を及ぼすと理解する」。
『人の考えや行動を変えるためにすべきことは?』には「意見の食い違いよりも共通点に注目する。康動揺性とポジティブな結果を組み合わせる。少しばかりの責任を与え、選択肢があることを思い出させる」。


体感として、実によく理解できる。結局、事実がどうこうよりも、自分の考え、信念に一致するかどうか、でしか人は行動しない。「人は快楽へ向かって進み、苦痛から遠ざかる」「私たちの信念を形作っているのは欲求であり、意欲や感情を利用しないと考えを変えない」「他人の意見を手本にしたり、まとめたり、引き出したりするとき、まず立ち止まることを忘れない」というあたりは、頭に置いておく必要があろう。


そして、コロナが席巻する今の世界情勢において「悲劇的な知らせがほぼ確実にならない限り、人は不快な情報を避け続ける」という指摘は、実に重い。科学的に人間の特性を押さえておいてもなお、人間は行動の罠に嵌まる。せめて、その「嵌まり込んでいる」ことに気づくことができれば、そこから脱出することもできるはずだ。人間の叡智に光を当てる点において、お薦めの一冊だ。

【読了】牧久「暴君」

今年34冊目読了。日経新聞代表取締役テレビ大阪会長を経たジャーナリストが、新左翼松崎明に支配されたJR秘史を描き出した一冊。


革マル派の基本戦略として「味方の力量が弱小な時代は敵の組織に潜り込み、組織内部の意識の違いを乗り越えて変革し、敵組織を内部から食い破る」「内部の敵対勢力は先手を打って積極的に排除し、闘う組織を防衛する」とする。


そして、国鉄時代からの当局・会社側の対応の問題の根源として「この場だけを凌げばいいという仕切りをすると、問題はずっと尾を引くことになる」「自分の身の保全を優先するから、力あるものに従うしかない、迎合するしかなかった」「JR東日本の松田社長以降の経営陣は、時間をかけて革マル派の牙を抜くという方針を貫き直接の対決を避けてきたが、その結果、松崎明の影響から脱するのに30年以上もの長い時間が必要となった」と、その問題点に切り込む。


他方、革マル派のリーダーである松崎については「松崎が対外的に表明した革マル派からの転向は、まさに世の中を欺くためであって、彼はマルキストとして革命家の信念を生涯貫き通した」としつつも、途中からの傲慢な振る舞いに対しては「組織の体質はリーダーの資質によって決まる。いかに高邁な理論をもっていても、資質に欠けるリーダーがトップになっている組織は、組織の中に自浄作用がなければ堕落していく」と厳しく糾弾する。


圧倒的なボリュームで、生々しく会社側・組合側の対立と思惑を描き出していく様は、本当におどろおどろしい。人間という生き物の業の深さを強く感じさせる。そして、それがJR東日本という大企業において労使闘争という形で繰り広げられていた事実を突きつける筆致力はすさまじい。


筆者の残したコメントが、令和の時代において重く響く。「平成という時代は、戦後昭和からの脱却を目指したにも関わらず、結局はその清算も総括も、実質的には成し得ず、戦後昭和の影を30年にわたり引き摺り続けた時代だったのではないか。それが象徴的に表れたのがJRの裏面史だったと言えよう。天使と悪魔というふたつの顔を持った男・松崎明は戦後昭和の影を彷徨い続けた妖怪だったと結論付けるしかない」という警句を受け、どのように令和を生きていくべきか。非常に考えるところの多い一冊だ。

【読了】ロバート・ライト「何故今、仏教なのか」

【今年33冊目読了。科学ジャーナリストにして、ユニオン神学校客員教授の筆者が、瞑想・マインドフルネス・悟りの科学について自らの体験をもとに書き記した一冊。


〈お薦め対象〉
仏教に興味のある人、宗教は胡散臭いと思っている人
〈お薦め度(5段階評価)〉
★★★★★
〈実用度(5段階評価)〉
★★★☆☆


自分の問いは3つ。
『人間の陥りやすい特性は何か?』には「感覚にあざむかれ、ものごとを明晰に観ることができない。他人の行為については、悪さをその人の中に見つけようとし、環境要因に見いだそうとしない。どの思考も、感情が推進燃料となる」。
『瞑想にはどのような力があるか?』には「感覚を注意深く観察し、受け入れられる。世界をもっと明晰に見られる。成功が気にならなくなり、成功を追求しないとき、もっとも成功をおさめる」。
『陥りやすい特性を乗り越えるにはどうするか?』には「自分の思考は自分から生じるものではなく、自分の前をただ通り過ぎていくものとみなす。悟りと解放を相互に強め合うものとしてとらえる。やむを得ず後戻りをすることがあっても、時間をかけて少しでも進歩する」。


科学ジャーナリストらしく「自然選択は、遺伝子を次の世代に伝えるよう設計されている」とし、陥りやすい錯覚として「自我が実際よりもものごとをちゃんと掌握できていると考える。自分自身を有能な正直者と考える」と指摘し、「感覚が人を惑わせる。すべての根底にあるのは幸せの妄想」とバッサリ斬り込む。


実際に瞑想のコースに臨んだ体験談、それを科学的な視野で観る、という独特な本だが、西洋と東洋のミックスは非常に興味深い。また、そんな西洋人たる著者が「悟りとは、どこでもないところからの眺め」という東洋思想の真髄に触れているところも、実に面白い。


高度成長期に、過度に西洋側に寄りすぎて、その軋みに苦しむ21世紀の今の日本に暮らすからこそ、一読したい本だ。ただ、実用には、それなりの瞑想トレーニングが必要となる。やはり、改めて、瞑想の時間をとる必要があるなぁ…

【読了】キャロル・S・ドゥエック「やればできるの法則」

【読了】今年32冊目読了。スタンフォード大学心理学教授の筆者が、やればできる!の研究を書き記した一冊。


〈お薦め対象〉
人や子供を育成する、または自分を育てようとするすべての人
〈お薦め度(5段階評価)〉
★★★★★
〈実用度(5段階評価)〉
★★★★★


前提として、「自分の性格と思っているものの多くは、マインドセット(心のあり方)の産物」としたうえで、話が展開される。


自分の問いは3つ。
『硬直マインドセットの特徴は?』には「ものごとが完全に自分の手中にあって順調に進んでいるとき、意気揚々とする。しくじってはならないという切迫感にいつも駆られ、成功すると誇らしさが優越感にまで膨れ上がる。自分や他人の品定めばかりする」。
『しなやかマインドセットの特徴は?』には「何かに全力で取り組むときに意気揚々とする。人間の基本的資質は努力次第で伸ばすことができるという信念を持つ。うまくいかないときにこそ、粘り強い頑張りを見せる」。
『どうすれば、しなやかマインドセットを手に入れられるか?』には「つねに向上することを心掛ける。人は変われるという信念を持つ。失敗を何かのせいにしない。成長するため、十分な時間と努力と支え合いを欠かさない」。


この本は、シンプルな話を数々の事例を挙げているものながら、非常に読みごたえがある。「人間関係は、はぐくむ努力をしない限り、ダメになる一方で、けっして良くなりはしない」「脳は、筋肉と同じく、使えば使うほど性能がアップする」などの指摘も、非常に心に迫るものがある。


ここに出てきた「しなやかマインドセット」で生きていくことが、人の成長につながる、ということは本当によくわかる。そのためにも「自分を向上させることに関心を向ける」「失敗をバネにして、さらに前進しようとする」「知力や才能は伸ばせると信じ、学ぶプロセスを大切にする」ということも意識しながら、自らも周囲も成長できるようにしていきたい。


「成長」「発達」ということについて、極めてわかりやすく、かつ読みやすくまとまっている。すべての人にとっての必読書と言えよう。超おすすめ。

【読了】崎谷実穂、柳瀬博一「混ぜる教育」

【読了】今年31冊目読了。フリーランスライターと、日経ビジネス チーフ企画プロデューサーの筆者が、80か国の学生が学ぶ立命館アジア太平洋大学APUの秘密を明かす一冊。


自分としては「名前は聞いたことがあり、凄いらしい」という程度の知識であったが、この大学は本当にすごい。別府市の、さらに山腹にキャンパスがあるなんて、そしてそこがグローバル大学となっているなんて、本当に驚きだ。


混ぜる、ということについては「国際化、グローバル化とは、世界と日本を混ぜること、世界と日本が混ざること」「混ぜるというのは混沌を認めることだ。ある意味でマニュアル化、定型化を拒否することだ。だから常に緊張を強いられるし、常に手間がかかる。しかしそれこそがグローバリゼーションであり、多様性を認めること」「変化の激しい場所で活躍するために必要なものは専門知識・専門能力と、異文化への適応力」と、その意味を鋭くこちらに迫ってくる。


また、一般的なイメージと逆説的な見解として「地域に溶け込んだ人間の方がグローバル社会で尊敬される存在になるはずです。見知らぬ土地を愛することができると、見知らぬ相手を理解できるようになり、まさにグローバル化の基本となります」「インターネットが情報源の中心となる今だからこそ、常に批判精神を持って多面的に情報を集め、考える癖をつける」「真剣に反対していた。それは軽く賛成している人の何倍も考えてくれていたということだ」というのは、本当に肝に銘じておきたい。


建学の苦労、工夫、そこでなされる空気感などはぜひ一読いただきたいのだが、今までのお仕着せの教育って何なんだろう?と揺さぶられる体験は、なかなかできるものではない。そして、それを実現させるための組織論もまた面白い。「トップのぶれない決意はとてつもない迫力でありエネルギー」「事業は休まず次々展開したほうがうまくいく。一度立ち止まると、また走り出すのは大きなエネルギーが必要となる」「協力し合うというマインドセットを構築するには、話す機会を設ければよい」のあたりは、大学の話というより経営の話だ。


「分けるを突き詰めると、時として実社会とも分かれすぎてしまう」「混ぜることができないのは、単純に大変だから」と、従来型に固執すると置いて行かれてしまう。APUが目指しているように「何が正しいかじゃなくてどうすればお互い納得できるか」「どんな学生でも学ぼうとする気持ちを持って経験を積めばガラッと変わる」「ストレスに直面すると、人は自分で考えるようになる。手持ちの駒でなんとかしようとし始める。そこで初めてお互いが腹を割って話し合い、アイデアを出し合って、ピンチをチャンスに変えていく」「ひとは、上から罰則を設けられて禁止事項を押し付けられるより、自分が主体的に関わってつくったルールをちゃんと守るほうが気持ちいい」など、人間の行動特性を理解しながら成長していきたいものだ。

【読了】北野唯我「天才を殺す凡人」

【読了】今年30冊目読了。ワンキャリア再興戦略責任者、レントヘッド代表取締役の筆者が、天才・秀才・凡人の関係性から職場の人間関係を書き記した一冊。


〈お薦め対象〉
職場の人間関係に悩むすべての人
〈お薦め度(5段階評価)〉
★★★★★
〈実用度(5段階評価)〉
★★★★★


自分の問いは3つ。
『人間社会はなぜ生きづらいのか?』には「人の悩みは、自分のコントロールできないことを無理やりコントロールしようとすることから生まれる。人が思い悩む根本は、自分の才能をコントロールしようとしたとき。人類の最大の敵は飽きであり、飽きると、イノベーションは消滅かコモディティ化する」。
『人間と人間関係のパターンとは?』には「天才は想像性・アート・あるべき姿を照らすもの、秀才は再現性・サイエンス・現状を見つめるフラスコ、凡人は共感性・クラフト・アートとサイエンスの溝を埋めるシャベル。皆がいいと信じていることは、破壊的パワーがあり、かつ半分くらいは理屈がない。コミュニケーションの断絶は、軸(その人が価値を判断するうえで前提となるもの、絶対的)と評価(軸に基づいて善悪を評価すること、総体的)による」。
『変化を起こすために留意すべきことは何か?』には「創造性は、凡人の反発の量で間接的に観測できる。革新的イノベーションは、組織の飽きをモチベーションにした、世の中の余白に対する天才の指摘によって生まれる。人の心を動かすのは、自分の言葉だけ」。


これは非常に慧眼である。天才、秀才、凡人というパターン化は好ましいとは思えないが、それでも大いなる説得力を持っているところが凄い。なるほど、これはベストセラーになったわけだ。とりわけ、「自分に配られた才能を世の中に出し続けると、才能は磨かれ、過去最高の自分に出会える」というフレーズは、筆者が世の中の核心を掴んでいることを感じさせる。


さらりと読めるうえに、説得力抜群。残念ながら自身のカードが「凡人」であっても、それでもなお自分だからこそできることがある。そんな勇気をもらえる一冊。読みやすいし、ぜひ、一読をお勧めしたい。

【読了】大沢武志「心理学的経営」

今年29冊目読了。日立製作所リクルートを経た人事測定研究所代表取締役社長が、個をあるがままに生かす経営を提唱した一冊。


1993年10月29日に刊行された本であり、心理学の基本としている部分がやや古臭い感は否めないが、その求めるところは現代にもマッチしている。というか、日本人そして日本企業はこの数十年何をやっていたのか…と暗澹たる気持ちになる。


組織が無視している点について「人間の行動は、いわばノイズとしてのムダな情緒や感情を規定にもつところにその本質がある」「力によって強制しない限り、人びとが現実に従っている拠り所となっているのは、ルールの方ではなく、暗黙のうちにつくられたお互いの合意であり、そこから生まれた規範のほうである」「環境要因は不満を防止する役割しか与えない」と指摘する。


続いて、組織の活性化について「環境の変化に適応するということは、本質的には、それ以前の環境に適応していた自己を破壊することからはじめなければならない」「活性化の原点は、混沌とした無秩序でかつ不安定な状態のなかにあり、そこから秩序化へ向かって外部環境に働きかける過程に、動的な活性化された状況が見いだされるのである」「安定の自己否定、既成の秩序と現状の価値の自己否定、それらによってもたらされる混沌のなかにこそ活性化の土壌がある」と見抜いている。こんな言説があったにも関わらず、なぜ日本はこんな「失われた20年以上」を過ごしていたのだろうか、そして、自分も一介の労働者として生きてきたということに痛恨の念を禁じ得ない。


今後の組織については「人間の行動変容を意図した教育的働きかけを成功させる要因のなかで、心理学的にみて最も基本的な要因は動機づけ」「個人の求める価値と組織の目標とをいかに統合するか、多様化した個人的な価値を受け入れ、あるいはそれらを積極的に生かすことを前提に組織のあり方を考えるのが、これからの経営の方向である」「心理学的経営にとって大切なのは、キレイごとではすまない現実の世界でアンビバレントなコンフリクトを受容し、それを乗り越えるヒューマニズムではないだろうか」とする。いや、全然今もって日本ではできてない…愕然とさせられる。


モチベーションについての重要なポイント「自己有能性、自己決定性、社会的承認性」、フィードバックの効用を高めるためには「進歩が中程度に遅い者に、早めに、達成欲求が高い場合に」与えるべきとする、などは、21世紀においても留意すべきところだと感じる。


古い本だが、読む価値はある。「仮面をかぶり、管理職を演じ続ける中年管理職ほど、そのことによって人間的に大事な何かを抑し殺しているとすると、訪れる破綻の度合いも大きくならざるを得ない」という事態を避けるためにも…