世界遺産マイスター/国宝の伝道師Kの「地球に感謝!」

世界遺産検定マイスター、国宝の伝道師保有の読書好き。書籍、世界遺産、国宝という切り口でご案内します。最近は「仕事の心理学」として、様々な事象を心理学的見地から考察しています。

【読了】深谷純子「引きずらない技術」

今年30冊目読了。レジリエンス協会常務理事の筆者が、心のモヤモヤがスッと消える方法を書き記した一冊。

〈お薦め対象〉
ついつい物事を引きずってしまう人
〈お薦め度(5段階評価)〉
★★★★☆
〈実用度(5段階評価)〉
★★★★☆

自分の問いは3つ。
『なぜ、ものごとを引きずってしまうのか?』には「問題や自分にきちんと向き合えていない。何をしたいのか、自分の未来が見えない。わかっているけど決められない」。
『どのようにストレスに対応するのがよいか?』には「①ネガティブ感情を受け入れる。②思い込みを見直す。③肯定的な意味づけをする。④頭に良いレッテルを貼っていく」。
『ひきずり状態からすぐに抜け出すには?』には「①やりたいことを10個考える。②良いこと日記をつける。③ちょっと近い未来から自分を眺める。④立ち止まらず、とにかく行動する。⑤良い面を観ようとする。⑥自分ができることに集中する。⑦自分の感情に気づく。⑧ほかの選択肢を考える。⑨自分の強みを使う。⑩現実と課題を区別する。⑪うまくいっている人のまねをする。⑫完璧を目指さない」。

簡単に読める一冊であり、「失敗しないのが良いのではなく、失敗からうまく学ぶことが大切」「大事なのは、壊れるか壊れないか、ではなくて、壊れてももとに戻る力があるか」など、頷ける記述も多い。ただ、惜しむらくは手法が表面的にすぎてしまい、根本のところには踏み込めていないところ。結局、応急処置はできたとしても、根っこの部分が解決していないので、同じことの繰り返しになってしまう。

ま、特効薬がほしい人、こういった心理学の勉強をあまりしていない人にはお勧めだろうな。少し勉強している人には物足りない感まんまんだが、「入門書」的な位置づけと解釈しておこう。

【緊急時の切り回し。】

突然、想定外のことが降ってくるのは、残念ながら仕事では「あるある」。その時、リーダーがすべき事とは…という観点で、考えてみた。

《ポイント》
●感情に飲まれない。
急な状況変化は、とてもストレスがかかる。しかし、それにいちいち感情的になると「解決策を見出す」というリーダーのミッションを見失う。あくまで、感情の反応はそれとして、横に置いておくことが大事。
●情報は、文書での共有が理想。
口頭伝達は、「言った、言わない」「ニュアンスが違う」など、瞬発力はあっても、情報共有には弱みがある。多少面倒でも、文書。「情報を、文字により固着させる」という特性は、口頭伝達は成し得ないので、コミュニケーションツールの特性を見ながら、こちらを選びたい。

《問題の所在》
●全員が、目先の問題に集中してしまう。
誰もが、悪意なく(いや、むしろ緊急時だからそこ全力で)目先の事象に対応しようとする。でも、それでは「子供のサッカー」の如く、「全員でボールに向かう(≒ゴールを決めるという目的を見失う)」。
リーダーは、そういう時こそ「全体を見て、最適な手立てを構築する」事が求められる。

平時は、誰がリーダーでも同じ。寧ろ、戦時にこそ、リーダーの真価が問われるのだ。

自戒の念を込めて。

【簿記チャレンジ宣言。】

幾つか資格を取ってきたが、「趣味的に」取る資格(世界遺産検定、国宝検定)あたりは自分が好き好んでやっているので頑張れるが、仕事に必要(またはあったほうが有益)な資格はなかなか頑張れない。その心理。

《ポイント》
●目標があったほうが、学習の成果は上がる。
知識は、絶対量があったほうが強い。それは、どの仕事でも同じ。そして、知識を漫然と増やそうとするより、「資格・テスト」といったハードルがあったほうが絶対に学習の成果は上がる。
●計画倒れは仕組みで防ぐ。
意欲は、「やる」と決めたときが一番高く、困難な学習をしているさなかにどんどん低下していく。そして、やらない→諦める、という悪循環に陥る。これを防ぐには、「仕組み」で意欲を落とさないようにするしかない。仲間と共に学ぶ、周囲に宣言して退却できなくする、など。

《問題の所在》
●人間の脳は、いかようにも言い訳を考えることができる。
「理屈と膏薬はどこにでもつく」という言葉があるが、まさに脳科学からしても、人間はどうにでも理屈をつける。というか、例えば「受けるつもりだったが受けなかった」という結果があったとして、脳みそは「いや、そもそも受ける状況になかった(仕事が忙しかった、家庭の事情により、云々)」という「自分にとっては理路整然とした(といっても周囲から見ると破綻しているが)」理屈を後付けしてしまうのだ。

いかに「脳みその言い訳の罠」を免れるか。それには、様々な外的要因を創り出し、言い訳のできない状況に置くのが一番である。


f:id:worldheritagemeister-k:20190220233029j:plain


自戒の念を込めて。…というか、「簿記、取るぞ!」と、まさにそのとおり追い込んでしまった…やれやれ、やるしかない(←脳みその言い訳の罠からの脱却)。

【読了】サン・テグジュペリ「人間の大地」

今年29冊目読了。飛行士として空を駆け巡った(そして何度となく墜落した)経験から世の中への洞察を紡ぎ出した一冊。

筆者の本を何冊か読んだが、表現の豊かさと緻密さ、そして溢れる人間への信頼に、非常に温かい気持ちになる。この本も、もちろんご多分に漏れず。しかし、自然という偉大なる存在への畏怖のもとで人間は人間として生きる、という価値観が一貫しているので、傲慢に陥ることはない。

当然、同時代に空を飛んだ飛行士は(今とは比べ物にならないほど少ないとはいえ)数多くいた。その中で、これだけの洞察をしたうえで、これだけの執筆をした、ということは他の誰もがなしえていない。この点においても、筆者のたゆまぬ自己陶冶の努力、観察と表現という両輪を磨き上げていく不断の過程、というものに思いをはせざるを得ない。

どうせ、自分の表現力では素晴らしさが伝わらないので、幾つか名言を抜き取ってみた。

・人間は障害に挑むときにこそ自分自身を発見するものだ。
・教養、文化、職業といったフィルターを通して眺めなければ、どんな風景も意味を持たないのだ
・職業というものの尊さは、何よりもまず、人と人を結びつけることにある。この世に本当の贅沢は一つしかない。人間の関係という贅沢がそれだ。
物質的な富を蓄えることだけのために働けば、自分で自分の牢獄を築くことになる。生甲斐を何も与えてくれない灰のような金を抱えて、孤独の中に閉じこもることになる。
・たしかに使命感は人が解放されるのに必要だ。だが、使命感を解き放ってやる必要もあるのだ。
・人間とその欲求を理解したいと思えば、また、人間の内に潜む本質的なものに着目して人間を捉えたいと思えば、あなた方一人一人の真実のどれが正しいか、正しくないかといった議論をやめることだ。
・真実は論証されるべきものではなく、物事をシンプルにするものだ。
・どんなにささやかな役割であってもかまわない。僕らは自分の役割を自覚して初めて幸せになれる。そのとき初めて、心穏やかに生き、心穏やかに死ぬことができる。人生に意味を与えるのは、死に意味を与えるものだから。
・矛盾を受け入れることによって生じる不安、混乱、疑念、無秩序そのものが、本質的な意味で豊かな実りをもたらしてくれる。狂信的な思い込みよりも高次の喜んで、つまり人間の意識の勝利という喜びを準備してくれる。

【読了】エドガー・アラン・ポー「アッシャー家の崩壊/黄金虫」

今年28冊目読了。推理小説の礎にして、恐怖小説も巧みに描く筆者の名作集。

順番に恐怖小説から推理小説へと並べているこの一冊で、まったく違った作家の本を読んでいるような錯覚に陥る。筆者にとっては、人の恐怖を煽る、おどろおどろしい「緻密に計算された謎」を描き出すこととと、人が謎に感じるも、最後は完璧にパズルのピースがすべて嵌まる「綿密に計算された謎」を描き出すことは全く同じなのだろう。しかし、読み手からすると「気持ち悪い謎が残る、読後の嫌な味わい」と「謎がすっきり解ける、気持ちのいい読後感」という正反対の感覚に陥るのだ。

アッシャー家の崩壊は、とにかく気味が悪い。いったいどうしたら、こんな小説が書けるのだろうか。そのほかにも、不快さにかけては筆舌に尽くしがたい小説がいくつも。人間の感情の揺らぐポイントを知り尽くしているのだろう、「だれが読んでも不快」というのは、なかなか凄いことだ。

他方、黄金虫に代表される推理小説は読み終わると目から鱗。黄金虫は、子供の頃に読んだことがあるが、挿絵までリアルに思い出せるほどワクワクした。結論は知っているのだが、それでも面白いというのは本物ということなのだろう。

これだけの小説を書くことができるというのは、どうやればできるのだろう。人の心理を観察し続ける冷徹な目と、共感のセンスがなければ到底たどり着けない。こうしたことを考えるという点においても、やはり筆者は天才で、本書は名作だ。

【七週目:身体メンテナンス】

年初から取り組んだ筋トレも、いよいよ最終段階の負荷に。

・2/11
ストレッチ12項目と、下半身強化プログラム2項目、アスリート級プログラム6項目。加えて開脚ストレッチ。
メチャクチャきつい!!1ヶ月半のトレーニングがなければ、到底こなせないメニューだ…

・2/12
ストレッチ12項目と、下半身強化プログラム2項目、アスリート級プログラム6項目。加えて開脚ストレッチ。
これはキツい!昨日の筋肉痛もあり、身体バキバキ。

・2/13
ストレッチ12項目と、下半身強化プログラム2項目、アスリート級プログラム6項目。加えて開脚ストレッチ。
全身筋肉痛。これはハードすぎるなぁ…イテテテテ。

・2/14
ストレッチ12項目と、下半身強化プログラム2項目、アスリート級プログラム6項目。加えて開脚ストレッチ。
腹筋の筋肉痛が半端ない。全然「ラクにスッキリ」じゃねぇし…

・2/15
ストレッチ12項目と、下半身強化プログラム2項目、アスリート級プログラム6項目。加えて開脚ストレッチ。
大臀筋は少し締まってきたが、腹筋はまだまだ弱い…

・2/16
仕事がようやくひとヤマ超えて、寝過ごし&用事諸々で、今年初のサボり…やはり、朝やらんとな…

・2/17
ストレッチ12項目と、下半身強化プログラム2項目、アスリート級プログラム6項目。加えて開脚ストレッチ。
とてもハードだが、昨日サボってしまったのに、またできた。それでよし、としよう。

〈今週の結果〉
体重変動なし、腹囲変動なし。でも、筋肉はついてきた体感がある。あとは、開脚だな…

【読了】シェイクスピア「十二夜」

今年27冊目読了。シェイクスピアの喜劇の名作。

人が入れ替わり、それに伴うコミカルな勘違いが巻き起こすドタバタ劇を、人の心の内を描きながら巧みに表現した名作。もちろん、シェイクスピアゆえ、それだけで終わるわけもなく、人間が虚構・偶像・自分の理想に勝手に憧れ、恋焦がれるという滑稽ながらも恋愛の本質を抉り出すところがさすがである。

心理学を学んでいると「人間は、自分が見たいものしか見ない」ということを知識として頭に入れているのだが、それを戯曲という形でここまで圧倒的に見せつけるのは、やはりシェイクスピアならでは。漫才にありがちな「やりとりのズレ」を楽しむという軽い面白さもあるのだが、その奥に刃物のように隠されている「人間の愚かさ」への暗い光を当てているという重い面白さをいっぺんに成立させている、というのはさすが天才ゆえである。

そして、それでいて推理小説のように、張り巡らせた伏線を見事に大団円に向けて回収していくストーリー展開。まったく、シェイクスピアを読むと、掘っても掘っても面白い。読むと演劇が見たくなるのだが、読書による想像でもどんどん膨らんでいく世界観。悲劇だけでなく、喜劇でも学びが深い、というのは本当に縦横無尽の筆の冴え、ということだろう。