世界遺産マイスター/国宝の伝道師Kの「地球に感謝!」

世界遺産検定マイスター、国宝の伝道師保有の読書好き。書籍、世界遺産、国宝という切り口でご案内します。最近は「仕事の心理学」として、様々な事象を心理学的見地から考察しています。

【読了】木村裕主「ムッソリーニ」

今年102冊目読了。東京外大教授、外務省専門調査員、在イタリア日本大使館広報文化担当官などを歴任した筆者が、ムッソリーニの生涯を通じてファシズムの何たるかを掘り起こす一冊。

後発のナチズムのほうが圧倒的な迫力でヨーロッパを席巻し、嵐に巻き込んだためにそちらの研究のほうが日本でも活発である。しかし、独裁という点においては、ムッソリーニのほうが先輩であり、かつ20年以上もその体制を続けた、というすさまじさ。その歴史を紐解くことは、非常に意義がある。どうしても、後知恵で「ナチスドイツ、ヒトラーに追従した独裁者」という感じに捉えられがちだが、決してそうではないことがよくわかる。

筆者の丁寧な積み上げも、好感が持てる。それによって「イタリアには近代化の主役である石炭と鉄が乏しく、ハンデを背負っていた」状況から「イタリア、日本、ドイツという後発資本主義国が、イギリス、フランス、アメリカという先発資本主義国と鋭く対立していくようになる」過程を読み解いていく。
ムッソリーニの野望がどちらに向いていたのか、ということはヒトラーの「レーベンスラウム(生活圏。ドイツにおいては東欧の土地と資源)」があまりにも有名すぎて霞んでいるが、「マーレ=ノストロ(我々の海。地中海のこと)」によるローマ帝国栄光の復活、とみるとなるほどその軍事行動が理解できる。しかし、ムッソリーニの野望にイタリア人がみんな熱狂していたわけではない、という事実もまた面白い。「個を国家の中に包み込むファシズム」は、「もともと自分の人生をいとおしみ、個性的で団体行動の大嫌いなイタリア人」とは相性が悪いと言われれば、そりゃそうだ。しかし、それを押し切って20年以上独裁を振るった、という点においては、やはりムッソリーニには(良し悪しは別として)力があったのだろう。

何にせよ、「ファシズムというのはあくまで政治の手法、方法であり、哲学や理論はあとから都合よく構築した」ものであり、「無関心であるところにナチ=ファシズムが浸透してくることはかつての日本の軍国主義が実証している」という主張は全く同感。歴史の厚みを学べる良書だ。

【読了】高崎宗司「検証 日朝交渉」

今年101冊目読了。津田塾大学教授の筆者が、終戦後から六者協議に至るまでの日朝交渉の歴史経緯を書き表した一冊。

全体的に、北朝鮮への配慮トーンが強すぎないか?という感じはするものの、交渉の流れとその都度の挫折の経緯、内外的要因などが丁寧に描かれている点は良い。歴史経緯をおさらいするには、分かり易くまとまっている。

また、内外にあまりにも変数の多い外交の難しさと、それ故に変数を見ながらカードを切り合って「こちらのデメリットを最小限にしつつ、相手から引き出すメリットを最大化する」という極めて難しいセンスが求められることがよくわかる。

そして。断片的情報、一時期の断面を見ただけの感情的世論というものが、いかに国益を考える際にややこしいものか、もよくわかる。

外交関係のニュースを見ると、感情的に反応する、あるいはコメンテーターの話を鵜呑みにする、となりがち。しかし、「ここに至るまでの経緯、お互いの主張と狙い、周辺国の思惑が複雑に絡み合った一断面が表層化しただけだ」という認識を持つだけで、立ち止まることができる。そうやって外交ニュースに向き合うだけでも、全然違うだろうな。

筆者の丁寧な記述により、示唆するところは多い。なかなか勉強になった。

【読了】藤井忠俊「国防婦人会」

今年100冊目読了。茨城大学講師の筆者が、満州事変後から国防婦人会がカッポウ着による兵士の見送りを行い出してからの興隆と、その終焉を描き出した一冊。

これを読むと、戦後の後知恵で教育を受けた身としては「赤紙と、それに耐える…」というステレオタイプな戦中日本の様子がすべてではなく、それまでには政治、軍事と自主的活動として広まった婦人会の何ともおどろおどろしい鬩ぎ合いがあったことがうかがえる。正直、国防婦人会なんて全く知らなかったが、「軍人と関係のない市民として軍事後援をはじめたところに広く市民に訴える基礎があった」「カッポウ着をあえて制服にしたことで、奉仕精神をあらわし、着替える間もなく台所から飛び出した感を出し、着物を飾る上流婦人たちへの反発から大衆婦人層の好感を呼んだ」など、なかなか興味深い。そして、これを活用しようとした陸軍と、国防婦人会の狙いの違いによる食い違い、巻き返そうとする内務省、など、著者が述べるとおり「家と台所をめぐる権力と民衆の鬩ぎ合い」だったわけだ。

イメージにとらわれ、掘り下げようとしない姿勢を猛省する。そして、著者の指摘「戦争と民衆の関係は、醒めた目で、そしてなお深層の情感をよく理解して、動態を深く観察することが必要」のとおりだ。「ああ、知ってるよ」と思考停止することの怖さを学ばせてくれる一冊だ。

【読了】横手慎司「日露戦争史」

今年99冊目読了。外務省調査員としてモスクワ滞在し、慶応大学法学部教授になった筆者が、日露戦争は20世紀最初の大国間戦争と位置付けて見返してみた一冊。

坂の上の雲に代表される「司馬史観」は、読み物としては面白いが日本人の「歴史からの学び」については大きな弊害となっている、と最近感じていたのだが、それをものの見事に裏付けてくれるような論調が嬉しい。本著は、日露双方の史料に基づき、「事実と、それを両陣営がどのように捉え、どのような心理で動いたのか」をしっかりと見つめているので、歴史の教訓としての意義が大きい。

そして「植民地戦争の一つの特色は、欧米列強の側が軍事力と経済力で圧倒的優位に立ち、相手方の戦闘能力を軽視して戦争に入る事」「ロシアは外交的配慮の不足から戦争を支援する態勢を生み出せなかった」「日露戦争はその規模においても、また用兵のレベルでも、利用された兵器のレベルからしても、さらには長期戦を支える前線と銃後の密接な関係からしても、この時期に頻繁に起こった植民地戦争とは全く異なるものであった。ひとことでいえば、戦争は普仏戦争以来30年以上も存在しなかった大国と大国の戦争だったのである」など、大きな視座から日露戦争を捉えなおす。

「近代戦では、軍の動員と集結の能力が勝敗に決定的な意味を持つ」「対立する二国の間では、一報が自国の安全を増大させようとすると、他方は不安を増大させ、悪循環を生みやすい状況が生じる」「近代の戦争では、銃後の国民の支持は不可欠」など、歴史の一般則を見いだしているあたりも、非常に好感が持てる。この本は、近代史、そして今に続く現代史を学ぶ上で、押さえておきたい。

【国宝検定:時宜を逸するな。】

昨年、第一回国宝検定で上級を取り、「国宝の伝道師」の称号を手にすることができた。では、今年の開催は?と思って、問い合わせてみたところ、

「恐れ入りますが、次回の詳細につきましては、未定となっております。
詳細が決定次第、随時ホームページにてご案内しておりますので、
そちらをご確認ください。」

との回答が帰ってきた。

あくまで私見だが…この時期に未定なら、まぁ、自然消滅だな(笑)。まぁ、もともと、小学館の「国宝100」という50冊のムック本の販促として行われたイベントだから、想定内だけど…

それにしても。「国宝」という、かなり広いフィールドをまとめて勉強する事は、意義深いことであり、それを促進する検定、という形は日本人には馴染む手法。これが一回限り、というのは、誠にいかがなものか、と言わざるを得ない。

正直、資格マニアとしては「資格のレア度が上がる(←狙い通り)」のだが、国宝を世間に広める観点から言うと、全くダメだ。再考を願いたい。

現代は、何をするにも「今、ここ」の機会を大事にしないと、明日はない。そんなことを、感じた。国宝、学べば面白いんだけどなぁ…

【読了】佐々淳行「東大落城」

今年98冊目読了。警察庁幹部として、学園紛争と対峙した著者が、東大安田講堂の陥落に向けた72時間を実録として書き記した一冊。

警察エリートでありながら、その精神、行動は豪胆。「外野守備の外事課長でヤジを飛ばしているより、主戦投手となって真っ向勝負の方が、勝っても負けてもやりがいがあるというものだ」「こういう戦時状態では、ショック療法が一番だ。怒れ、うんと怒れ、そして口惜しかったら、一番、次の戦で勝ってみろ」など、よくぞこの人物が東大紛争を打ち破る役に任ぜられたものだ、と痛感する。

そして、当時の学生運動の身勝手さ、軽薄さに対する怒りがふつふつと湧いてくる。かつ、彼らが一切その失敗を総括しなかったが故に、今の日本の若者やロスジェネの苦悩に繋がっているくせ、学生運動をした年代は高度成長に乗っかっておいしい思いしかしていない。非常にやるせない思いだ。これに対しても、著者は「利益共同体化した社会において急速に減少してゆく父権の象徴への郷愁を感じていたのではないか」と分析する。

現代史の戦記物であるが、リーダーシップ論としても優れている。「準備の段階では意図的悲観論者になって最悪に備えても、いざことがはじまったら天祐神助を信じて意図的楽観論者として、必ず成功する、日はまた昇ると自分にいいきかせて目をつぶって頭から突っ込んでゆく」「怪我の仕方、間違えるんじゃねぇよ、隊員たちが火炎ビンや投石で傷つくとき、君は警備本部にいて政治的に、法律的に、マスコミ的に傷つくんだ」「危機が発生して、軍政と軍令との間に裂け目ができそうになったとき、それを非官僚主義的な法三章(漢の高祖が定めたきわめて簡略化した法律)と合目的主義の政治決断で縫い合わせるのがトップの役目だ」など、しみじみ感じ入る。

また、組織論もよくわかる。「修羅場をくぐった現場組は本能的に、安全な後方で実情もわからずに指図する無理解な上層部に反感を抱くから、頭ごなしにやるとこじれるのだ」は、現場という生き物をよく表している。

本筋以外でも、心に残るのは、根石親雄副隊長がのちに署長になれずに(理由は、学園紛争と戦った際の果敢な陣頭指揮での怪我により、右手が上がらなくなって敬礼ができないということ)、それを人事担当に猛然と押し返し、東村山警察署長に無事任じられた、というくだり。

半端なく面白い一冊だった。ぜひ、一読をお勧めしたい。

【読了】三島由紀夫「仮面の告白」

今年97冊目読了。昭和を駆け抜けた名作家の最初の著書にして、人間の暗部をどす黒く描き出す一冊。

これは凄まじい衝撃を残す一冊だ。「こうあるべき」との社会からの圧力と、それに対して自分の感性がまったくずれてしまっている悲劇。自分なりには何とかなるだろうと偽りながら、何ともならないという厳しい現実と向き合わざるを得ない苦境。多様性だ何だと言われつつも、今なお厳しく残る「こうでなければ社会的に無価値」という恐怖。それを、まざまざと見せつけてくれる。

話が「性」ということをテーマにしているので、そちらに意識が向きがちだが、この話の本質は「周囲と違う自分がどう生きていくか」ということではなかろうか。その後の三島由紀夫の極端な人生とその破滅的結末からしても、彼はこの調整が非常に厳しいものに終わった、と言わざるを得ないだろう。

そして、驚くのは、三島の凄まじいギリシャ・ローマ史への造詣の深さ。そこここに出てくる比喩が、半端なく深い!!その教養には、脱帽するしかない。今、これだけ知悉している人はどれだけいるだろうか?自分をはじめとして、21世紀の日本人の教養レベルの失墜に、天を仰ぐしかできない。

ともあれ、21世紀になっても全く輝きを失うことのない名著だ。これは、一読をお勧めしたい。