世界遺産マイスター/国宝の伝道師Kの「地球に感謝!」

世界遺産検定マイスター、国宝の伝道師保有の読書好き。書籍、世界遺産、国宝という切り口でご案内します。最近は「仕事の心理学」として、様々な事象を心理学的見地から考察しています。

【読了】井出明「悲劇の世界遺産」

今年133冊目読了。金沢大学国際基幹教育院准教授の筆者が、ダークツーリズムから見た世界を書き記した一冊。


図書館で何気なく手にしたのだが、なかなか洞察が深く、学びになった。


筆者は、ダークツーリズムを「戦争や災害などの悲劇の記憶を巡る旅」と定義。「ダークツーリズムは、大量生産な化学万能主義といった近代社会の価値概念が突き当たった壁について考えるためのきっかけとして捉えられることが多い」とし、「ダークツーリズムに基づく観光行動は、観た後にじっくり考える時間が必要であり、客層は必然的に長期滞在者となる事が多い。また、この手の旅はいわゆる『教養観光』の一環であるため、そもそも高学歴で生活に余裕のある層が楽しむことになる。つまり、ダークツーリズムを楽しむ層は、客単価の高い人々であり、観光産業にとっては実は好ましい対象」と主張する。


世界遺産についての洞察も的確。「元々、世界遺産には観光振興という目的はなかった。しかし、日本においては、地域振興にかなり軸足がおかれており、文化財の維持・保全という視点は相対的に小さくなっている」「世界遺産と言うシステムは、ヨーロッパが自らの権威の維持のために作り出した狡猾な仕掛けであるというのも一理あるかもしれない」と、その問題点に触れつつも、「世界遺産がもたらす波及効果は、ホテルや飲食店といった観光関連産業に集中して議論されがちだが、伝統文化に関係する技術への需要も発生するため、そこに雇用が創出される」と、文化技術の側面にも光を当てているのは好感が持てる。


明治日本の産業革命遺産について「第二次安倍内閣で、それまで文化庁の仕事として行われていた『九州・山口の近代化産業遺産群』は、内閣官房の直轄案件になり、対象エリアが幅広く採られることになり、静岡県韮山反射炉岩手県釜石の橋野鉄鉱山など、九州・山口以外からもリストに加えられた。また、時代区分はかなり限定され、『明治』という言葉が明確に冠された」。その結果として、「松下村塾は、ここで学んだ若者たちが産業革命を起こしたという趣旨で登録されているのだが、単にかつて『塾』として使われていた木造建造物を『産業遺産』と言い切るのはかなり無理があるように思う」ということが発生してしまっている。
また、「韓国は、構成資産の中に、軍艦島や三池炭鉱を初めてとして、いわゆる植民地時代の『強制労働』がなされた施設があることから、登録に関して強硬な姿勢を取り続けた。日本側は、世界遺産の登録の対象を『明治日本』と明示し、1910年の韓国併合以前の時期に限定することで、韓国の指摘をかわそうとする狙いがあったと推察される」ことにより、「軍艦島はもともとは昭和の島民たちの願いで世界遺産登録運動を始めたところ、日本政府の方針で1910年までの構造物しか世界遺産登録の対象にできなくなったため、我々が絵葉書で知っている『あの軍艦島』は、まったくもって世界遺産の対象ではない。じつは、世界遺産として登録されている軍艦島の構造物は、明治期に造られた島の裏側の護岸と地下坑道3本だけ」という問題も指摘している。


筆者は、なぜダークツーリズムにこだわるのか。「国際社会における21世紀の一般論として『どこの国の産業遺産でも、当然、負の側面はあるよね』という共通認識がある」「オーストラリアは産業遺産を通じて、近代の社会が抱える問題点を抉り出し、それと訪問者を対峙させようとしている」ということを述べる。
それに対して「わが国では、鎌倉時代に一般化した『怨親平等』思想があり、亡くなった人々への悪態は禁忌となっている。死亡後は罪を不問にして、その問題に関わる教訓を構造的に後世に残すという気概に乏しい」「木の文化圏を見ると、その構造物は撤去も廃棄も容易であるが故に、まさに『過去をなかったコトにする』という営為が実現可能であり、それが日本型の怨親平等思想とつながるのではないか」と、日本の特殊性に疑義を呈している。


また、本題とは少し離れるも、「島は魅力的な観光地であると同時に、周囲から攻められやすく、生産性も低いため、不可避的に影の記憶を持たざるを得なくなる」「島の文化を都市住民の消費の対象ではなく、独自の特別な価値と捉えることで、島と都市部の対等な関係を構築し直すことが求められている」と、島嶼部への眼差しも勉強になる。


ダークツーリズム以外にも「日本はしばしば『災害大国』と言われ、有史以来幾多の災害に襲われたが、意外なことに世界遺産に登録された復興の事例は今のところない」「文化の威圧を外交戦略として活用しつつ、同時に観光で金も稼ぐ構造になっているフランスの老獪さは、学ぶべきところが多い」という問題提起は一考の余地があろう。


個別事象については「アウシュビッツの悲劇は、ある日突然出来上がったのではなく、ヨーロッパに長期間に渡って存在した『ざわめき』に人々が耳を閉ざし続けた結果として出現した」「日本独自の変形キリスト教であったカクレキリシタンの文化は、江戸時代の弾圧にはビクともしなかったが、戦後の資本主義には敗れてしまうのであった」のあたりが興味深かった。


なかなかな良書で、多少の読みづらさを差し引いても一読の甲斐があると言えよう。

【読了】伊坂幸太郎「逆ソクラテス」

今年132冊目読了。ベストセラー作家が、小学生を主人公にした短編小説5編をまとめた一冊。


筆者は、あとがきで「子供を主人公にする小説を書くのは難しい」と記しているが、なんのなんの。安定の筆致の冴えは、いかにも伊坂ワールドで、満喫できる。


ネタバレ回避で、気になったフレーズを抜き書き。


「本番で緊張しないためにはとにかく、何度も何度も事前に練習をやって、自動的に体が動くようにしておくことだよ」


「決めつけて偉そうにする奴らに負けない方法があるよ。『僕はそうは思わない』という台詞」「一番の敵は、先入観だよ」


「大人になってモテるのは足が速い男じゃないんだぞ。金を持ってるやつだ。でも、最終的には、威張らないやつが勝つよ」「人は、ほかの人との関係で生きている。人間関係にとって、重要なことは評判だ評判がみんなを助けてくれる。もしくは、邪魔してくる」


「自分の人生で、チャレンジするのは自分の権利だよ」


「敵を憎むな。判断が鈍る」「相手によって態度を変えるほど、格好悪いことはない」「抽象的な言葉を大声で叫んで怒るのは、独裁者の主砲だよ。具体的な理由が分からず、恐怖を与えられると、次からその人の顔色を窺うしかなくなるから」「正論を吐き、相手を言い負かしたとしても、その後の関係性は気まずくなる。気まずくなっても事態が改善されるならまだ納得できるが、状況は変わらない上に、単に相手と気まずくなっただけ、という展開も多い」「自分が困っていると、別の人も道連れにしたくなるし、困るのを見てると楽しい。ただ逆に、それだけの理由でいじめとかして人生を台無しにしちゃうのも馬鹿だと思わない?」

【読了】デヴィッド・グレーバー「クソどうでもいい仕事の理論」

今年131冊目読了。文化人類学者にしてアクティヴィストの筆者が、現代社会で「なくなっても差支えない仕事」が増殖する状況を読み解く一冊。


超分厚い本で、かつ話が非常に細かいので読み疲れ感が否めない。だが、核心を突いている、という感覚もまた凄い。  


筆者が言うブルシット・ジョブとは「被雇用者本人でさえ、その存在を正当化しがたいほど、完璧に無意味で、不必要で、有害でもある有償の雇用の形態。とはいえ、その雇用条件の一環として、本人は、そうではないと取り繕わなければならないように感じている」だと定義する。
その累計は「①取り巻き:だれかを偉そうにみせたり、だれかに偉そうな気分を味わわせるという、ただそれだけのために存在している仕事。②脅し屋:脅迫的な要素を持ちつつ、その存在を他者の雇用に全面的に依存している。③尻ぬぐい:組織に欠陥が存在しているためにその仕事が存在しているにすぎない雇われ人。④書類穴埋め人:ある組織が実際にはやっていないことをやっていると主張できるようにすることが主要ないし唯一の存在理由であるような被雇用者。⑤タスクマスター:もっぱら他人への仕事の割り当てだけからなる仕事」


「テクノロジーはむしろ、わたしたちすべてをよりいっそう働かせるための方法を考案するために活用されてきたのだ。この目標のために、実質的に無意味な仕事がつくりだされねばならなかった」「経営者たちは時間的・エネルギー的に最も効率のよい方法を科学的に研究し、それを労働の編制に利用した。ところが、その同じ方法を自分たちに応用することは決してなかった」「経営者の衰えぬ名声の指標となるものが、部下の人間の数だとすれば、経営者の権力や威信を物質的に表現するものは、そのプレゼンテーションや報告書の見かけ上のクオリティにほかならない」


「わたしたちが置かれているのは、世界になんの影響も及ぼさないと自分自身感じている課業を遂行することで仕事の時間の大半を費やしているような社会」


「人間とはたんに社会的な動物であるだけではない。もしも、他の人間との関係から切り離されたならば肉体的な崩壊がはじまるほどに、本質的に社会的な存在なのだ」
「『社会的価値』とは、たんに富をつくりだすことにも、余暇をつくりだすことにすらもとどまらない。社会的価値とは、それらと同じくらい、社交性をつくりだすことにもかかわっている」としたえうえで、その社会的価値について「第一に、仕事をすることで得られる最も重要なものは、(1)生活のためのお金と(2)世界に積極的な貢献をする機会であること。第二に、その労働が他者の助けとなり他者に便益を提供するものであればあるほど、そしてつくりだされる社会的価値が高ければ高いほど、おそらくそれに与えられる報酬はより少なくなるということ」と述べる。


エッセンシャルワーカーの低賃金に見るまでもなく、事実はそうなのだが、それはなぜか。「仕事は善であるというだけでなく、仕儀とをしないのは最大の悪であるという、広範なコンセンサスが存在するように思われる。つまり、よろこびのない仕事であっても勤勉に取り組もうとしない人間は、悪人、たかり屋、怠け者、卑劣な寄生虫であり、共感にも公的救済にも値しないとされる」感覚のためだ、として「労働の価値は自己犠牲にあるとみなされるようになっている。つまり、労働のなかにあって、苦行である度合いを低くした理、むしろ楽しいものにしたり、他者のためになっていることへの満足をおぼえさせたりする、そのような要素はすべて、その労働の価値を下げるものとみなされる―そしてその結果、報酬の水準を低くすることが正当化される。こうした事態はとことん、倒錯している」という状況が発生している、と述べる。


「ひとを心底うんざりさせているものは(1)脅迫性、(2)欺瞞性」「完全に目的がない状態で生きることは、深刻に心を乱す」「他人のつくったごっこ遊びゲームに参加しなければならないということは、やる気を挫くものなのだ。しかも、そのゲームときたら、自分に押し付けられた権力の表現という意味しか持たない」「不明瞭さの健康や自尊心への影響はしばしば大きなものがある。創造性や想像力もぼろぼろに砕け散る」

 


では、「富裕国の37%から40%の労働者が、すでに自分の仕事を無駄だと感じているのだ。経済のおよそ半分がブルシットから構成されているか、あるいは、ブルシットをサポートするために存在しているのである。しかも、それはとくにおもしろくもないブルシットなのだ!」という状態を打破するにはどうすればよいか。
筆者はベーシックインカムの必要性を唱え、「ベーシックインカムの究極的な目的は、生活を労働から切り離すことにある。実施するあらゆる国で官僚制の規模の大幅な縮小が、すぐ効果としてもたらされるだろう」「完全なベーシックインカムによるならば、万人に妥当な生活水準が提供され、賃金労働をおこなったりモノを売ったりしてさらなる富を追求するか、それとも自分の時間でなにか別の事をするか、それにかんしては個人の意志にゆだねられる。こうして、労働の強制は排除されるであろう」

【読了】伊坂幸太郎「魔王」

今年130冊目読了。ベストセラー作家の筆者が、不思議な能力を持つ兄と、その弟が別の能力を引き継ぐ、という奇妙なストーリーながら、妙な実感を持たせて進んでいく小説。


いかにも伊坂幸太郎らしい小説。そこここに、様々なメッセージが盛り込まれているところも面白い。


ネタバレ回避で、気になったフレーズを抜き書き。


若者と社会については、「未来のない老体が未来を考えられるか?未来のことを考えるのはいつだって若い人間なんだよ」「若者が国に誇りが持てないのは大人が醜いからだよ。政治家がテレビの前で平気で嘘をついたり、証人喚問で、禅問答のような答弁をしたり、そういうのを見てるから、舐めてるに決まってるんだ。どこにどう誇りを持てって言うんだよ」は、厳しい抉り込み。


人の特性として「相手を言い負かして幸せになるのは、自分だけだってことに気付いてないんだよ。理屈で相手をぺしゃんこにして、無理やり負けを認めさせたところで、そいつの考えは変わらないよ。場の雰囲気が悪くなるだけだ」「得てして人は、自分の得た物を、自分だけが得た物と思い込む」。
さらに、集団の特性として「集団は、罪の意識を軽くするし、それから、各々が監視し、牽制し合うんです。命令の実行を、サポートするわけです」「人は、命令を与えられれば、それがどんなに心苦しいことであっても、最終的には実行する。命令された仕事だから、と自分を納得させるのかもしれない」あたりは面白い。


社会の流れについて「ムードとイメージ。世の中を動かすのは、それだ」「物事の大半は、反動から起きるんだ。たとえば、過激な映画が流行った後は、穏やかな恋愛映画が流行るし、ドラマの時代の後には、ノンフィクションの時代が来る。天才肌のサッカー選手がもてはやされた跡は、努力家の野球選手に注目が集まる。穏やかで繊細な物語が重宝がられれば、次には、骨太でダイナミックな冒険小説が歓迎される。みんな、自分だけは逆の道へ進もうと反発するが、けれど、それが新しい潮流となる。ありがちだ」という言及も、確かになぁと感じる。


筆者の『憂国』を感じるのは「諦観が国中を占めはじめている。溜息の充満だ。諦観と溜息の先に何が待っているのか」「まともに生活することもままならない人間が多すぎる。彼らは無料の娯楽で、毎日を過ごす。テレビとインターネットだ。豊富な情報と、単調な生活から生まれてくるのは、短絡的な発想や憎悪だけだ」「この国の人間はさ、怒り続けたり、反対し続けるのが苦手なんだ。どんなものだって、最初はみんな、注目して、マスコミも騒ぐ。ただ、それが一度、通過すると二度目以降は途端に、トーンが下がる。飽きたとも、白けたとも違う。『もういいじゃないか、そのお祭りはすでにやったじゃないか』っていう、疲労混じりの軽蔑が漂うんだ」のあたり。本当に、そうだよな…


そんな中、どう生きるか。「人類の進化の最大の武器は、好奇心だ」は、まさに然り。自分も好奇心を失わないようにしたい。

【読了】アントニオ・ダマシオ「ダマシオ教授の教養としての『意識』」

今年129冊目読了。南カリフォルニア大学ドーンシフ記念教授にして、脳・創造性研究所所長の筆者が、機械が到達できない最後の人間性を解き明かそうと試みる一冊。


畏敬する先達が薦めていたので読んでみた。これはなかなか難解だが、芯のメッセージは『身体性と心理の連関』ということだと感じる。意識について、ここまで身体性を強調している点が優れた洞察だなぁと思った。「私たちの感じるものはすべて、私たちの身体の内部の状態と対応している」という筆者の指摘が深い。


まず、身体と神経系との連関について「神経系は、その中核である脳も含め、身体の領域の中にまるまる含まれており、なおかつ身体と完璧に会話することができる。その結果、身体と神経系との直接的で豊かなやり取りができるようになるのだ」「この身体と神経系との奇妙な関係性は、驚くべき結果を生む。感情とは、単純な身体の知覚ではなく、むしろ身体と脳の両方に根差したハイブリッドなプロセスなのだ」と述べる。
そのうえで「感情と創造的な推論は、意識が実現した新しいレベルの生命管理において、重要な両輪を担うようになった。生存は生きる目的の一つだが、自身の知的創造物を体験することで得られる多幸感もまた、生きる目的の一つへ加わった」「意識に照らされた心が存在しなければ、事前に計画を練ることも、内省を行うこともできない」と、意識というものについて切り込む。
「感知することは意識することとは違い、心がなくてもできる」というのは、冷静な弁別に基づいて意外なところを指摘された感があった。


イメージというものについて「何かを記憶するということは、概して、あとで原型に近いものを再現できるよう、イメージを何らかの符号化された形式で記録すること」「私たちは、心の中でイメージ同士を関連づけ、組み合わせ、クリエイティブな想像力を使って変換することにより、具体的な概念や抽象的な概念を表す新しいイメージを生み出す。また、記号も生み出す。そして、そうして生まれたイメージの大部分を記憶へと移す。その過程で、将来、心の内容を大量に引き出すことのできる保管庫をせっせと広げていくのだ」と定義するあたりは、本当に知性が辿り着く素晴らしい場所だなぁ、と感じる。


非常に扱うのが困難な感情についても「感情とは対話型の知覚である。感情は、単に生物の周囲だけでなく、『生物の内部』、さらには『生物の内部に位置する事物の内部』からも信号を集める。そうして、私たちの身体の内部で生じた活動とその影響を描き出し、その活動にかかわっている内臓の様子を私たちに垣間見させてくれる」「感情は、幸いにも心を備える一人ひとりの心に対して、その心が属する生物の生命の状態を知らせる。さらには、そのメッセージが持つポジティブまたはネガティブな合図に従って行動するインセンティブを、その心に対して与えるのだ」と、その特性を明示したうえで「感情を音楽にたとえて考えるとわかりやすい。私たちの思考や活動を楽譜と考えるなら、それを演奏するのが感情なのだ」「感情こそが、意識という名の冒険の出発地なのだ」と、実に独特な表現をするのが興味深い。


人間における意識の重要性について「①人間の体験する痛みや苦しみこそが、一心不乱に何かを生み出す並外れた創造力の源泉であり、創造活動の引き金となるネガティブな感情に対抗しうる、ありとあらゆる道具の発明につながったこと②幸福や快の意識が、生存にとって有利な個人的・社会的状況を確保し、改善していく無数の方法を動機づけてきたこと」としつつ「結局のところ私たちは、ときどき創造力から自由を得る、苦と快の両方の操り人形にすぎない」と述べ「意識とは、いくつもの心的事象が寄与する生物学的なプロセスから生じる、特定の心の状態のことなのだ」と結論付ける流れは非常に見事だと感じる。


そして、心について「心をその正当な所有者たる生物と強固に結びつけ、心を豊かにするメカニズムは、その生物の心の流れに、心とその所有者たる生物をまぎれもなく結び付ける内容を挿入することで成り立っている」「心の内容であるイメージは、概ね三つの主たる宇宙に由来する。①私たちの周囲の世界②私たちの内部の古い世界③骨格、四肢、頭蓋骨といった、骨格筋によって守られ、命を吹き込まれている身体の領域」と洞察するのは、今まで見たことのない見解だったな。


AIがもてはやされる中で、筆者の「”感じる”機械は、”意識する”機械になりうるだろうか?まあ、近い将来は無理だろう。感情は意識に至る道の一部であるから、意識に関連する機能的要素を発達させることはできるだろうが、機械の”感情”は生物の感情とは等しくない。こうした機械の最終的な意識の”度合い”は、『その機械の内部』と『周囲』の両方の内的表象の複雑さによって決まるだろう」「私たちが尊敬すべき対象は、まだ完全に解明されたとは言えない、自然そのものの目を見張る知性や設計のほうなのだ」という見解は留意したいところ。


余談ながら、吞み助としては「麻薬やアルコールといった物質の利用者は、意識に手を加えることに、取り立てて興味があるわけではない。彼らにとって興味があるのは、誰もがなくなってほしいと願う痛みや不調、そして誰もが最大化すること、そしてできればそれ以上のことを望んでいる幸福や快といった、特定のホメオスタシス由来の感情に手を加えることなのだ」が結構気になった。なるほど…

【読了】近藤成一「執権北条義時」

今年128冊目読了。放送大学教授、東大名誉教授の筆者が、危機を乗り越え武家政治の礎を築いた北条義時の転機に着目してまとめた一冊。


大河ドラマ「鎌倉殿の13人」がむちゃくちゃ面白いので、この本も気になって図書館で予約し、相当待たされて手にすることができた。
…が。なんだ、このわかりにくい本は?自分の感覚としては、「出来の悪いパワポでの意味不明な発表」か「学生時代に受けた、本当につまらない講義」という感じ。歴史ものは嫌いではないのだが、それにしても本当にワクワクできず、がっかりだった。思うに、筆者が過度の感情移入を避けるべく、人物の『思い』にまで踏み込んでいないからかもしれない。研究者という立場ではそれで良いのだろうが、歴史でワクワクしたい、という自分からすると、薄っぺらいという感を受けてしまった。特に、大河ドラマ三谷幸喜が存分に登場人物の「内面」に触れていただけに、とても残念。


ものに好みはつきものなので、こういったトーンのほうが安心して楽しめる人もいるのだろうが、自分にはマッチしなかった。まぁ、色々読んでいるとそういうこともある。


そんな中でも、なるほどなぁと思ったのは以下のあたり。
後白河法皇の命により後鳥羽天皇が即位した後、京都では安徳天皇は『先帝』と呼ばれることになったが、安徳自身は退位したわけではないので、1年半ほどの間、2人の天皇が並び立つことになった」
「頼朝は建久10年(1199)正月13日に亡くなり、26日、朝廷は宣旨を下して、頼家に頼朝の遺跡(個人の遺したもの。ここでは頼朝の職務権限を指す)を継承して諸国守護を奉行することを命じた。頼家が征夷大将軍に補せられるのは建仁2年(1202)7月23日であるから、頼家が諸国守護を奉行するのに、征夷大将軍の職名は必ずしも必要なかったことになる」
「壇ノ浦で平家が滅亡した時、安徳も入水した。神器のうち鏡と璽は改修されたが、剣は永遠に喪われた。後鳥羽・土御門の二代は昼御座(ひのおまし)の剣を神器の剣の代用としたが、承元4年(1210)に順徳が皇位に上るに際して、かつて伊勢神宮から後白河法皇に献じられ蓮華王院に納められていた剣を使い、以後はこの剣が神器として用いられるようになった」

【読了】伊坂幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」

今年127冊目読了。ベストセラー作家の筆者が、2年前の事象と現在の事象をクロスさせながら真実が繋がっていく様子を描き出す一冊。


これも安定の面白さ。2人の主人公の人生が、様々な登場人物によって縒り合わさるように進んでいく様は、さすがだと感じる。割合、スカッとするオチが好きなので、ビター感ある展開は少し好みではないのだが、それでも堪能できた。そして、何よりそのタイトル。これに込められた意味を知ると、筆者の頭の中はどうなってるんだ?と言いたくなるくらいに見事。


ネタバレ回避で、気になったフレーズを抜き書き。


「どうせ、いつかはみんな死ぬんだし、ポジティブでないとやってられないよ」「生まれ変わりの長い人生の中で、たまたま出会ったんだ。少しの間くらいは仲良くやろうじゃないか」


「間違っているかどうかなんて、一概には決めつけられない」「世の中は滅茶苦茶。そうだろう?」


「飽きたり、嫌になったり、怖くなったりする前に、思いついたことは、すぐにやったほうがいいよ」


「夜は人を残酷にするし、正直にもするし、気障にもする。軽率にするのよねえ」


「置かれている状況が似ていると、仲間意識が芽生えるか、反撥心が生まれるか、そのどちらかだ」


「人というものは、行動すべき時に限って、億劫がるのかもしれない」「人というものは、慎重にことを運ぶ時に限って、行動を急いでしまうのかもしれない」


「僕は、自分こそが主人公で、今こうして生活している『現在』こそが世界の真ん中だと思い込んでいた。けれど、正確には違うかもしれない。主役は僕ではなくて、彼ら三人だ」


「この国はね、自分だけは平気だと思い込んでいる馬鹿で溢れてるんだよ。甘えだね。甘えの国だよ」