世界遺産マイスターKの「地球に感謝!」

世界遺産検定マイスター保有の読書好き。世界遺産×書籍という切り口でご案内します。男一人の自炊飯にもチャレンジ中。

【移動二時間など、問題ではない。】

姫路城で大汗かきつつも、大満足。ここからは「超・メジャーなれど、まだ訪れたことがない」世界遺産を目刺し、奈良県へ。もともとは、姫路駅で穴子の駅弁でも買おうかと思っていたのだが、ここまでの「食貧」の流れを感じると、駅弁は無駄に高くて、そのくせハズすな…と感じ、何なら姫路駅の吉牛でもいいかな?とすら考えたが、さすがにそれは別の意味で負けてると思い、さっさと新快速で大阪駅に出る。12両という山陰の人が見たら「これは鉄道ではない!」と叫びたくなる長大編成でわずか一時間、さすがJR西日本の誇るアーバンネットワーク

大阪は、過去二回住んだことのある思い出の地。もちろん、大阪駅は凄まじい進化を遂げていたが。
ここで、予定を変更し、昼食に。列車本数が多いので、いくらでも切り回せる。うーん、都会ってすげぇなぁ。目指すは、「新幹線車内の匂いテロ二大巨頭」の一翼を担う551の豚まん(もう一翼は、言わずとしれたマクドナルド)。大阪駅の大丸にイートインがあるなら、どうあっても外しはしないだろう。

ということで、待つこと15分(昼飯時なので混んでいた)、豚まんがアツアツで出てきた。うん、旨い。かつ安い(170円)。駅弁買うより、全然いい。正解だったな。
それにしても、旅の食事のトップ3が、1)立ち食いかしわうどん、2)豚まん、3)立ち食いそば、って、これどうよ?!


f:id:worldheritagemeister-k:20170814150301j:plain


腹がくちくなったところで、大和路快速に乗って転進。法隆寺駅を目指す。所要40分なぞ、18きっぱーにはものの数ではない。

法隆寺駅では、なんとも微妙な看板がお出迎え。これは、歓迎されてると言うのか?!残念ながら、センスを疑う、としか言えない。


f:id:worldheritagemeister-k:20170814150309j:plain


さて、駅から法隆寺は意外に遠い。バス10分190円、徒歩20分とのこと。迷わず徒歩0円を選択。中途半端に田舎と都会の間で、歩いていても楽しくない。汗だくになりながら、何とか法隆寺に着いた。やれやれ。


f:id:worldheritagemeister-k:20170814150237j:plain