世界遺産マイスター/国宝の伝道師Kの「地球に感謝!」

世界遺産検定マイスター、国宝の伝道師保有の読書好き。書籍、世界遺産、国宝という切り口でご案内します。最近は「仕事の心理学」として、様々な事象を心理学的見地から考察しています。

【立ち位置変化のストレス。】

1日から、立ち位置変化によって、かなり精神的に参った。想定はしていたが、いやはや…

《ポイント》
●リーダーの意向の「忖度」は、脳が疲れる。
立ち位置がリーダーに近くなる事により、従前にも増してリーダーの意向を「忖度」するレベルが高くなる。そうすると、自分の直感や判断にいちいち保留をかけねばならないので、非常に脳が疲れる。

●メンバーに「任せる」のは、心理的負担がかかる。
他方、メンバーに対しても、任せることが求められる。ところが、メンバーそれぞれに、立ち位置によるミッションは同じでも、重んじるポイントが違い、プレースタイルも違う。結果、自分が重視するポイントをメンバーが軽んじると「あぁ、イライラする…」と心理的負担がかかる。しかし、自分のプレースタイルを強要するのはチームパフォーマンスを下げるので、悩ましい。

《問題の所在》
●決定権の減少が、自己肯定感を挫く。
どちらも併せて「中間管理職の悲哀」なわけだが、これは「決定権の減少」が大きく影響している。
上にも下にも目配りするので、「自分で決められる」事が極端に少なくなる。そうすると、自然と自己効力感が減り、連動して自己肯定感も減る。

疲れる上に、自己肯定感が減れば、ストレス度合いは跳ね上がるのも当然。その中で「自分の行動は、どう組織に貢献しているか」にフォーカスしていく事が、この罠を逃れる術かと思う。

自戒の念を込めて。