世界遺産マイスター/国宝の伝道師Kの「地球に感謝!」

世界遺産検定マイスター、国宝の伝道師保有の読書好き。書籍、世界遺産、国宝という切り口でご案内します。最近は「仕事の心理学」として、様々な事象を心理学的見地から考察しています。

【エゴが流れを狂わせる。】

社員から相談を受けた。「上席の人が、メイン担当を置き去りにして色々提案を職場長に上げたので、周りが戸惑っています…」とのこと。「マインスイープ」しながら、感じたこと。

《ポイント》
●上席に、悪気はない。
聞いてみると、どうも、その上席、悪意を持って、ということではなさそう。むしろ、「みんなにとって、良かれと思って」提案しているようだ。
…だけに、周囲は指摘し辛いとのこと。うーん、無邪気な善意は凶器だな。

●自分の「良かれ」は周囲の「良い」ではない。
自分の良かれを考えることは大事。しかし、周囲の感じ方を置き去りにして進めるのであれば、それは良かれがエゴに変質し、周囲に迷惑を振りまくことになってしまう。

《問題の所在》
●上席が走ると、周囲は沈黙する。
自分の基準と、人の基準は違う。その当たり前のことが、上席になると見失いがちになるのは「業務指示」という権限(≒暴力装置)を持っているから。周囲は、暴力装置の被害を恐れて、沈黙してしまうのだ。

上席は「自分がいいと思う」という事については、「これ、自分のエゴではないか?」と、常にウォッチする必要がある。周囲が妙な忖度を始めて、ものを言いづらくさせていることがないか、は特に留意したいところ。

自戒の念を込めて。