世界遺産マイスターKの「地球に感謝!」

世界遺産検定マイスター保有の読書好き。世界遺産×書籍という切り口でご案内します。男一人の自炊飯にもチャレンジ中。

【国宝・彦根城】

哀しき事により、訪れた彦根。しかし、メソメソしてても故人に失礼だ。葬祭では故人を偲び、その前には割り切って知見を広げる。それも、遺志の引き継ぎかと思う。

彦根城は、1604年築城。関ヶ原後、石田三成の本拠である彦根藩をを井伊直政が託され、長男直継が完成。

丸みを帯びた唐破風や切妻破風を駆使した変化の多い屋根、花頭窓が特徴的。


f:id:worldheritagemeister-k:20180513142544j:plain


内部には、四カ所の隠し部屋、82もの鉄砲狭間、矢狭間があるなど、軍事色が濃い。

琵琶湖を臨む場所に位置し、交通の要衝に威容を示す彦根城。日本に5つしかない国宝天守閣の一角を担い、今日も湖東に鎮座する。



f:id:worldheritagemeister-k:20180513142801j:plain
国宝の証が、天守閣に飾られている。


f:id:worldheritagemeister-k:20180513142604j:plain
湖東を臨む眺望は美麗の一言に尽きる。

…さて、ここまで絶賛してきた彦根城なれど、実は、世界遺産ではないのだ。日本式城郭建築として、姫路城が世界遺産登録されているので、「独自性」が証明できない、というのが実態。暫定リストに入っているけれども、正直、世界遺産登録は難しいかな、と思う。


f:id:worldheritagemeister-k:20180513144712j:plain
まぁ、地元としては期待しますわな。

観光需要としては、色々ありつつも、無理に世界遺産登録だけを目指す必要はないのかな、とも思う。無理筋な登録なんぞ、意味がないし、国宝としての意義を、今後の世代に伝えられれば。そういう、彦根城であってほしい。