世界遺産マイスターKの「地球に感謝!」

世界遺産検定マイスター保有の読書好き。世界遺産×書籍という切り口でご案内します。最近は「仕事の心理学」として、様々な事象を心理学的見地から考察しています。

【飯は、さらりと。】

【飯は、さらりと。】

充実感溢れる、世界遺産ワークの進行役担当から一夜。ホントに、やってよかった。その余韻に浸りながら、朝食。

【朝食】
・ご飯
・ミートソースグラタン
・ソーセージと玉ねぎの炒め物
・味噌汁


f:id:worldheritagemeister-k:20171005233847j:plain


所要5分(温めのみ)。まぁ、さらりと、こんなもんだぁな。作り置きだから。

昼は、研修なので、外食。ラーメンは、家ではできないな…でも、750円って、高すぎるんじゃねぇの?(←完全に壊れてる)。

夜は、たまたま仕事が早めに終わったので、昨日に引き続き、名古屋フューチャーセンター(名城大学キャンパス)へ。Anneyさん主催の「ナラティブ・スピーキング」、本当に面白い。自分は、そう見られているのか!!気付きの多い、楽しい時間を過ごせた。

軽く懇親会。小腹がすいているのと、若干飲み足りないのと、三連休で食材余りがいかんのとが相俟って、夜食。

【夜食】
・適当煮物
・肉団子あんかけ


f:id:worldheritagemeister-k:20171005233830j:plain


所要35分。でも、それなり。ありものから、このくらいは作れる。そんな感覚。まぁ、料理名からして、適当の極みだが(笑)。
昔は、レシピをひたすら再現してて、「料理は科学実験(レシピどおりに入力すれば、そのとおりの答えが出る)」と思っていた。

でも、一人飯をやっているうちに、「まぁ、こんなもんだべ」という、いい加減(良い加減?)な感覚は、抱いてきた。これが、料理の面白さ、なのかもしれない。だいたい、今回の煮物も、クックパッドも見ず、味見もせず。でも、食ったら、まぁそれなりの味わい。これ、「だいたい」を体感してるから、かも。

とすれば、単身赴任飯3ヶ月の成果、か…