世界遺産マイスターKの「地球に感謝!」

世界遺産検定マイスター保有の読書好き。世界遺産×書籍という切り口でご案内します。男一人の自炊飯にもチャレンジ中。

【18きっぱー世界遺産の苦闘と苦悩。】

18きっぱー世界遺産。それは、苦しみの代名詞でもある(笑)。

いや、特に山陰地方は、列車本数が信じられないほど少ないので、色々綱渡りになるのだ。かつ、今日の最終列車なので、接続取れなければその瞬間にドボンだし。とはいえ、「じゃ、一本前の列車にしよう」とすると、3時間(!)前の列車になるし、やれやれ。

とにかく、早く山陽筋に出たい(←本数が多いので、遅れが出ても何とか切り回せる)。でも、石見銀山は山陰の奥地。うーん。

しかも、もともと漫喫に泊まろうと思っていたが、嫁から「さすがに、それはやめた方がいい」と言われ、宿探し。なかなか空きがなく、小野田港(完全に、セメント関連対応の宿だよな…)のビジネスホテルをネットで予約するも、電話がかかってきて「21時門限なので、23時過ぎに来られても対応できない」とのこと。いやいや、だったらネットでレイトチェックインできるように載せるなよ。慌てて代わりを探し、何とかしたけどさ…

まぁ、考えてもしょーんない、進むしかない。ということで、大田市から一気に益田を目指す。


f:id:worldheritagemeister-k:20170812232520j:plain


普通のリズムでは、夕飯は益田駅18時50分着で買うのが妥当なのだが、そもそも5分乗り継ぎというリスクがあり、食いっぱぐれると苦しいので、大田市で買うことに。名物の角寿司(かくずし)、320円が16時以降半額で160円。これは嬉しい。


f:id:worldheritagemeister-k:20170812232530j:plain


…しかし。車内で食ってみると、これのどこが名物なの?単なるちらし寿司の具が間に挟まってるだけじゃん…実に普通な味わい。金額的に、文句は言えないが、メシウマな山陰で、これだけ飯を外すのも全くいかがかと…

でも。益田駅に着いてみると、売店、18時半で閉まってる!!全くいけてない角寿司だったけど、食っといて正解だったわけだ。何だか悲しい正解だ…そして、ここから山口線に入り、山陰地方を離れるため、完全に「飯外し」な山陰旅となってしまった。

まぁ、重厚な国鉄継承のディーゼルカーで、読書は進むが、食い物の恨みは厳しいものがある。しかも、150キロ超級と思しきオッサンが四六時中くっちゃべっててうるさいうるさい。隣の女性二人連れも眉を顰めまくり。こういう事、気をつけないとなぁ。


f:id:worldheritagemeister-k:20170812232602j:plain


山口駅で乗り換えるも、3分じゃ到底飯は買えない。ってか、20時半過ぎでは、飯売ってる気配、まるでない。そもそも、ここまで真っ暗闇を走ってたようなもんだからな。でも、ここ、県庁所在地なんだけどなぁ。


f:id:worldheritagemeister-k:20170812232620j:plain


そして、新山口駅。ここの9分乗り継ぎがラストチャンスだが、案の定、売店は閉まってる、が!コンビニ(セブンイレブン)が開いてる!いや、あなた、ホントにconvenienceだよ。ありがたい。たかがコンビニスナックに、これだけ助けられる思いになったのは初かも。かつ、温かいし(←これが有り難いレベルに突入している)。


f:id:worldheritagemeister-k:20170812232634j:plain


ここから下関まで、久々の「電車(≠気動車)」。かつ四両編成。加えて複線。いや、めっちゃ都会に来たなぁ、おい!!コンビニがあったことも含めて、21世紀に帰ってきた感じがする。車掌が女性だし(→山陰はワンマンが多いし、多分、女性宿泊設備を作る投資に見合う要員確保ができないと見た)。

下関で乗り換えて、九州エリアへ。関門トンネル通過。乗務員の制服が、JR九州に変わった。思えば遠くへ来たもんだ。そして、小倉を通って、目的地へ。


f:id:worldheritagemeister-k:20170812232652j:plain


石見銀山から七時間。着いたのが「カンダ」(笑)という事実。まぁ、それ以上でも以下でもない。明日も、頑張ろう。


f:id:worldheritagemeister-k:20170812232713j:plain